目の下のクマ

目の下のクマは疲れたような印象を与えてしまいます。それだけでなく実際よりも年齢を感じさせます。その悩みを改善することで若々しい毎日を送ることができます。
 
クマには、色素沈着(茶クマ)・たるみ(黒クマ)・薄い皮膚や血行不良(赤クマ、青クマ)の3つのタイプがあります。1種類だけではなく、複数の要因が原因となっていることが多いため、その方の症状に合わせ治療を行います。

色素沈着による茶クマ

日焼けや、皮膚をこするなどのダメージ、アトピー性皮膚炎などの炎症により、目の下にメラニン色素が沈着していることが原因です。皮膚を引っ張ても茶色っぽさが残り、色が変わらなければ、メラニン色素によるものです。太田母斑(あざ)が原因の場合もあります。治療はメラニンをターゲットにします。

たるみや影による黒クマ

目の下がたるんでくると、クマのように見えたり、老けた印象や疲れた印象に見られてしまいます。黒クマは、皮膚のたるみ、目の下のくぼみ、目の下の脂肪の膨らみで影になって黒く見える(影クマ)、などいくつかの原因があります。

血行不良による青クマ・赤クマ

青クマは生活習慣の乱れ、睡眠不足、ストレス、目の疲れからくる血行不良を原因としています。目の周辺には多くの毛細血管があり、さらに、皮膚人体の中で、一番薄くできているために、血管が透けて青っぽく見えます。これが青クマであり、寝不足や疲れでクマができたという場合は、この種類である可能性が高いです。

 

 

 

ライトアイズウルトラ

目元の血行促進や筋肉の緊張を緩和する成分を配合した、目元の悩みを解消する注入治療です。目元は特に皮膚が薄いため治療が難しかったのですが、ライトアイズウルトラの注入治療では、目元のクマの改善、ちりめんじわ改善、ハリ感アップが期待できます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は年齢とともに減少します。気になる部分に注入することによりボリュームを出し、お肌の張りや弾力性を保ちます。満足のいく仕上がりになるよう鏡でチェックしながら治療を進めていきます。

BNLS(脂肪溶解注射)

BNLS注射は、お顔の脂肪に作用する脂肪溶解注射です。目の下の脂肪に注入することで、膨らみを軽減しクマを改善させます。効果は最短で3日ほどで実感でき、腫れや熱感などのダウンタイムがほとんどありませんので気軽に受けられる治療です。

下眼瞼切開法イメージ

下眼瞼切開法

下まつ毛の際を切開し、余分な皮膚を取り除く方法です。症状に合わせて、たるんだ眼輪筋を引き上げたり、同時に脂肪取りも可能です。タルミの下のくぼみが目立つ方は、脂肪注入との併用がおすすめです。

下眼瞼脱脂イメージ

下眼瞼脱脂

膨らみの原因である目の下の脂肪を切らずにまぶたの裏側から取り除き、ボリュームを減らす方法です。ほとんど出血もなく、術後の腫れも少ないのが特徴です。

ウルトラVリフト

ウルトラVリフトは特殊な溶ける糸を皮膚の下に埋め込む美肌・たるみ治療です。この糸は約8~10ヶ月にわたりまわりの細胞を刺激し続け成長因子を分泌させることでハリを出し、たるみを自然に引き上げます。同時に皮膚の細胞も活性化され美肌効果も期待できます。ダウンタイムが少なく仕上がりがナチュラルです。

Qスイッチフラクショナルレーザー

メラニン色素のみに反応するため、お肌へのダメージが少なく比較的広範囲なしみやそばかす・アザ等に高い効果を発揮します。ダメージが最小限のため傷跡も残りにくく、1回の施術で高い効果が期待できる治療法です。

レーザートーニング

マイルドな出力のレーザーをお顔全体に照射することによりメラニンを少しずつ減らしていきます。従来の機械では難しかった肝斑の治療が可能なだけではなく、お顔のくすみを改善しお肌の透明感やハリを出しキメを整えます。

e-Plus

しみ・くすみ・小じわ・たるみ等複数のお悩みを改善することができる美肌治療器です。
痛みやダウンタイムが少なく、すぐにメイクが可能のため周囲に気づかれることなく治療可能です。

スキンタイトニング

高周波を使用した機械で熱エネルギーが皮膚深層まで到達し、コラーゲン・エラスチンの新生を促進・活性化させ、弾力とハリのあるお肌によみがえらせます。引き締め効果や毛穴の縮小、小じわ改善効果があります。

トレチノイン療法

トレチノインとハイドロキノンを併用した治療でターンオーバーを促し、しみや黒ずみを改善していきます。

高濃度ビタミンC点滴

多量のビタミンCを直接体内に投与することで、サプリの20~50倍の血中濃度となり肌トラブルを改善します。美白、シミ改善、しわ・たるみ予防、ニキビ改善、風邪予防はもちろん、タバコを吸われる方やストレスの多い方は大量のビタミンを消費してしまうので補給か必要です。

高濃度グルタチオン点滴

グルタチオンは20代をピークに、加齢とともに減少していきます。 胃腸ではほとんど吸収されないため、点滴で投与するのが一般的です。グルタチオンの働きはたくさんありますが、特に重要なのが、人間の身体をさびつきから守ってくれる強力な抗酸化作用と、薬物や毒物などの有害物質を排出する解毒作用です。

PAGE TOP

電話する

お問い合わせ