肝斑

肝斑とは

肝斑とは、肝臓の形にしみの形が似ていることからつけられた名前です。特にしみの中でも治りにくいとされるものの一つで、できかたの特徴としては、両側性(りょうそくせい)に、頬骨の高い部分に沿って左右対称に現れる、輪郭がはっきりしない淡い褐色のもやもやと広がったシミです。額やこめかみ、口の周囲にできることもあり、自覚される赤み、痛み、かゆみはありません。

ほとんどが30〜40歳代の女性に生じ、閉経後の女性では徐々にシミが薄くなったり消えたりする傾向があるため、女性ホルモンのバランスの乱れが原因と考えられております。妊娠、経口避妊薬(ピル)の服用、ストレス、紫外線などでも発症もしくは症状が悪化することがあります。
加えて、お肌をこするような洗顔・クレンジング、肌に合わないお化粧品を使用し続けているなどの、摩擦が原因で発症・悪化することもあります。摩擦は色素細胞を活性化させる刺激になるため、顔をタオルでごしごしこすったり、強くマッサージしたりするのも避けたいものです。

施術一覧

 

 

 

美白内服薬

トラネキサム酸とビタミンCを処方致します。肝斑・くすみ・シミが気になる方、色素沈着を薄くしたい方、美白効果でワントーン明るいお肌を得られます。

高濃度グルタチオン点滴

グルタチオンは20代をピークに、加齢とともに減少していきます。 胃腸ではほとんど吸収されないため、点滴で投与するのが一般的です。グルタチオンの働きはたくさんありますが、特に重要なのが、人間の身体をさびつきから守ってくれる強力な抗酸化作用と、薬物や毒物などの有害物質を排出する解毒作用です。

レーザートーニング

マイルドな出力のレーザーをお顔全体に照射することによりメラニンを少しずつ減らしていきます。従来の機械では難しかった肝斑の治療が可能なだけではなく、お顔のくすみを改善しお肌の透明感やハリを出しキメを整えます。

イオン導入・導出

お顔の見えない汚れを取り除き、綺麗になったお肌に針を使わずにお悩みにあった成分を浸透させることができます。ダウンタイムがなく、すぐにお化粧ができるため、マイルドな治療から始めたいお客様に人気の施術です。

コラーゲンピール

コラーゲンピール(PRX-T33)は、皮膚を剥離せずに真皮深層に浸透し、コラーゲンの生成を強力に促進する美肌治療です。お肌のハリ・弾力の向上、さらに、美白作用によってお肌のシミ・くすみを改善し透明感をアップさせる効果もあります。ダウンタイムの少ない治療で、一度の施術でもお肌のもっちり感を実感していただけます。

トレチノイン療

トレチノイン療法

トレチノインとハイドロキノンを併用した治療でターンオーバーを促し、しみや黒ずみを改善していきます。

PAGE TOP

電話する

お問い合わせ