眼瞼下垂

このような方に向いています

  • 昔に比べて上まぶたが下がってきた
  • 年齢とともにまぶたが重く感じるようになってきた
  • 眠たそうな目をパッチリとした大きな目にしたい
  • 二重まぶたの幅が変わってきた(一重が二重になった、二重の幅が広くなったなど)
  • 上まぶたがくぼみ、疲れ・頭痛・肩こりがひどくなってきた
  • まぶたを開けるたびに眉毛の位置が上がり、額のしわが深くなっている
  • 物を見る時、アゴを上げて見ている

眼瞼下垂とは

『眼瞼下垂』とは、目の開きが悪い状態をいいます。目の開きが悪いため眠たそうで、ぼんやりした目に見えたり、片側の場合は目の左右差となって現れます。原因には先天性と後天性があり、後天性でもっとも多いのは加齢によるものです。老化によって、まぶたを引き上げるときに働く『眼瞼挙筋(がんけんきょきん)』という筋肉と周辺組織との結合がゆるむと、まぶたが黒目にかぶさったようになります。そのため、上まぶたが垂れ下がり目が開きにくくなります。また、まぶたが瞳孔にかぶさることで視野が狭くなるので、無意識のうちに眉を持ち上げて目を開こうとしたり、あごを引き上げることで視野を確保しようとしたりします。その結果、おでこに深いシワが現れ、頭痛や肩こり、腰痛といったさまざまな不調が生じてしまうのです。

 

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂はまぶたを持ち上げる筋肉が何らかの原因によって弱っていたり、持ち上げる筋肉とまぶたがしっかりとくっついておらず、いわゆる‘‘あそび”が大きいためしっかりと目が開いていない状態を言います。主な原因としては加齢が挙げられますが、そのほかにも生まれつきや長期のハードコンタクトの使用、長時間のパソコン・テレビゲーム、アトピーなどで目を酷使することも要因となります。眼瞼下垂は表情的な問題以外にも、肩こりや偏頭痛の原因にもなりますので、早めの治療をお薦めいたします。

 

あなたのその症状眼瞼下垂かも!?まずは、セルフチェック!

下のチェック項目で一つでも当てはまる方はご相談ください。

  • 眉毛を上げて目を開くようになった
  • 昔に比べ目が小さく感じる
  • 額のシワが増えてきた
  • 大きく目を見開いても黒目の割合が小さい
  • 左右の目の開きが異なる
  • まぶたが重い
  • まぶたがくぼんで老けて見える
  • 眼精疲労がひどくなってきた
  • 眠たそうな目と言われる
  • 肩こりがひどくなってきた

※眼瞼下垂は片目だけ症状が表れることもあります。

眼瞼下垂の進行

正常な開眼

正常な開眼

軽度下垂

軽度下垂

中等度下垂

中等度下垂

強度下垂

強度下垂

 

 

眼瞼下垂手術とは

目を開けるときに使う筋肉(上眼瞼挙筋)の働きが弱まると、上まぶたが垂れ下がり目が開きにくくなります。この上眼瞼挙筋を縫い縮めて正常な目の開きに修正すると同時に二重形成を行う手術が眼瞼下手術です。この操作は患者様に術中に目を開いてもらいながら確認する必要があります。上瞼を切開して薄く伸びてしまった眼瞼挙筋腱膜を引き出して瞼板に再固定する方法です。
筋肉に一切傷をつけること無く、生理的で自然な開瞼状態に戻すこの手術は、非常に高度な技術を必要とします。上まぶたの組織はどれも薄く、繊細で複雑な構造をしていますので、手術に熟練した医師に相談することが大切です。瞼は傷跡がきれいに治りやすい部分でもあるので、後で傷跡が目立つことはありません。

 

特徴

1

美容外科での眼瞼下垂

日常生活に支障をきたす程の重度の症状の場合、形成外科や一部の眼科にて手術を行うことが出来ます。しかし、美容目的での手術ではないこともあり、見た目や切開線などの仕上がりに美容的観点は重視されないため、術後に修正手術を希望される方が少なくないのも現状です。

美容外科で手術を行う場合、病気を治療するわけではありませんので、保険適用外となりますが、
その分美容技術を兼ね備えた手術となるため、目の開きの大きさや開いた時の形、二重の幅や形など患者様の細かい要望や希望に応えることが可能です。

目元の手術はその後の表情に大きく影響するため、美的センスと実績を備えた美容クリニックで行うことをお勧めします。
サリアクリニックは眼瞼下垂治療において多くの症例を取り扱っている美容クリニックです。

 

2

手術中のデザイン確認

手術中に仮留めを行い、二重の幅や形、目の開き具合を患者様ご自身で確認頂けます。確認後、細かいデザインのご指摘やご要望の際には、ご希望に沿えるまで微調整を繰り返し行うことで、ご希望通りに仕上がります。ミリ単位での調整が必要であり、医師の技術や経験が要求される手術のためクリニック選びは重要です。

 

3

若返りと同時に健康面も改善

上眼瞼のたるみを取ることで目が大きくなり、重そうだった瞼がスッキリし顔全体が若返ります。
たるみがひどくなってくると、視界が狭く感じられるため、無意識にもっと目を見開こうとして額の筋肉を使い、常に眉毛が持ち上がるようになります。
その結果、額のシワが増えて一層老けた印象になるだけでなく、頭痛や肩こりなどの症状を伴うようになることもあります。これらが改善することにより、額のシワがなくなり顔全体が若返り、さらに目を開くのが楽になるため、肩こり・頭痛・眼精疲労などが解消します。上瞼のたるみ取りは、外見的な問題の改善だけではなく、健康面も改善されます。

 

4

医師の技術力・入念なカウンセリング

当院ではひとりひとりの目の特徴とご希望を踏まえながら、入念なカウンセリングとシュミレーションの元、最適な施術をご提案します。日本形成外科学会認定専門医・日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医の医師が担当し、高度な技術力と知識、専門性を生かして、治療にあたらせていただきますのでご安心下さい。

 

診療内容

施術前に入念なカウンセリングとシミュレーションを行います。上まぶたの皮膚を約2~3センチ程切開します。伸びきってしまった挙筋腱膜に糸をかけて瞼板にしっかり縫合固定することにより目の開きを改善します。切開部位は髪の毛より細い糸で細かく縫合しますので、手術後も糸が目立つことはありません。

眼瞼下垂の状態

眼瞼下垂の状態

眼瞼拳筋の働きが弱く、まぶたの開きが良くない

正常なまぶたの状態

正常なまぶたの状態

眼瞼拳筋がしっかりまぶたを引き上げている

詳細

治療時間

約1~2時間

麻酔 局所麻酔
ダウンタイム

強い腫れ 1~2週間(個人差あり)

抜糸

7~10日後

通院 7日後、1ヶ月後、3ヶ月後      
メイク

アイメイクは抜糸翌日から可能

その他のメイクは翌日から可能

洗顔

創部がぬれなければ当日から可能

創部は3日目より可能(優しく)

シャワー     翌日より可能
入浴 抜糸翌日より可能
コンタクトレンズ  抜糸翌日より可能
激しい運動

2~3週間後より可能    

※アイプチによる皮膚のかぶれがある場合は手術できない場合があります。

※ハードコンタクトレンズをご使用されている方は、眼瞼下垂再発のリスクがあるため、手術後の装

 着に関しては医師にご相談下さい。

 

 

よくある質問

手術中、痛みはありますか?

局所麻酔でお受けいただきますが、手術中に目を開けていただくこともあり、静脈麻酔など意識レベルの低下する麻酔は行いません。局所麻酔の針を刺す時だけ痛みを伴いますが、手術中は麻酔が効いていますので無痛です。

どれくらいの期間、腫れたり内出血したりしますか?

術後の強い腫れは約1~2週間程度です。その後は泣いたあと程度の腫れがあると考えて下さい。その腫れが落ち着くのは2〜3ヶ月程かかりますが、時間とともに確実に引いていきますのでご安心下さい。内出血する場合もありますが、1~2週間程度でおさまります。抜糸した翌日からアイメイクをすることができますので、お化粧でカバーして下さい。
また、なるべく腫れや内出血を生じないようにするためには、手術中にリラックスして目に力を入れないこと、術後1週間特に最初の3日間くらいは熱いお風呂に長時間入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないことなども重要です。

傷跡は残りますか?

切開部分の傷は二重のラインと一体となり、ほとんどど目立なくなります。ニキビの痕やヤケドの痕と同様に赤みが抜けるのに4~6ヶ月程必要です。それまではノーメイクですと目を閉じた際には多少わかる可能性はありますが、目を開けていると二重に隠れて見えません。半年を過ぎる頃には自然と目立たなくなります。

手術後注意することはありますか?

2〜3日は出来るだけ安静にして、目の周りを可能な限りクーリング(氷で冷やす)することをお勧めします。腫れが強くなると腫れが消失するまで時間を要します。なるべく腫れないように初めの2、3日はゆっくり過ごして下さい。

早く腫れをひかせる方法はありますか?

腫れや内出血を最小限に抑えるために、手術当日は上体を起こす時間を長めにお取り下さい。クーリングや頭を高くして寝ていただいた方が、腫れの引きは早いです。マッサージや湿布などは逆効果になることがあります。

術後の腫れが長引く原因はわかりますか?

一般的に瞼の厚い人は腫れが長引きます。また過去に瞼の手術(二重の手術なども含む)を受けた方は、回数を重ねるごとに腫れの程度が強くなります。花粉症やアトピーなどアレルギー体質の方も一般的に腫れが引くのが遅くなる傾向があります。

再手術が必要になる可能性は

誠に残念ながらすべての人がベストの結果になるわけではありません。二重の手術(埋没法・切開法)を過去に受けていた方や、軽度の先天性眼瞼下垂が(片方に)あったと推定される場合など、左右差が気になる方もいます。その場合は半年以上間隔を開けて調整手術を行ないます。

片方だけ手術できますか?

両方に症状がある場合、左右差を生じにくくするためにも、通常は左右同時に手術することをお勧めします。片方の瞼のみに症状がある場合には、もちろん片側だけの手術となります。

一重のままにできますか?

非常に難しい問題ですが、一重に見える奥二重にすることは可能です。

コンタクトレンズはいつから使用できますか?

ソフトコンタクトレンズの方へは、抜糸後に問題がなければ使用を許可しています。
ハードコンタクトレンズの方へは、眼瞼下垂再発のリスクがあるため、ソフトコンタクトレンズかメガネへ変えられることをお勧めしております。

ハードコンタクトレンズをどの位の期間使用すると眼瞼下垂になりやすいですか?

一般的には5〜10年使用していると殆どの人がハードコンタクトレンズ性眼瞼下垂になると言われています。しかし、早い人だと2〜3年のハードコンタクトレンズ装着で眼瞼下垂になっている人もいます。

ソフトコンタクトレンズを使用していても眼瞼下垂になりますか?

ソフトコンタクトレンズの場合はハードコンタクトレンズに比べて圧倒的に眼瞼下垂になる確率は低いと言われております。しかし、コンタクトレンズの装着方法により眼瞼下垂となってしまう方もいらっしゃいます。

修正は出来ますか?

二重の幅をより広げたい場合は可能ですが、幅を狭くするのは比較的難しい手術になります。1~2ミリ程度狭くするには、切開ラインより下の皮膚を切除します。それ以上狭くしたい場合は、今できている二重の癒着の強さで可能か難しいかを判断します。癒着が弱ければ狭くすることが可能です。眼瞼下垂の修正はケースバイケースですので一度ご相談ください。また元の一重に戻す事は出来ません。

二重の幅を指定できますか?

切開ラインの調整は可能ですが、瞼の状態によってはご要望に応えることが難しい場合もございます。

視力に影響することはありませんか?

結膜を切開したり糸で縫合したりした場合、一過性に角膜と密着しなくなったり、かすみ目などの症状がでることはあるようですが、通常は視力に影響することはありません。瞼の開き具合が変わるため、視野が広がり、眼精疲労も解消されます。

 

 

PAGE TOP

電話する

お問い合わせ