医療レーザー脱毛

datumou.jpg

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは、毛組織に含まれるメラニンをターゲットとし、周囲皮膚組織を傷つけずに毛組織のみを破壊して脱毛効果を得るものです。
脱毛器は、医師免許なしでは手に入れることはできず、当院では国家免許取得者が施術を行っており安全で確実な脱毛方法です。

※レーザー脱毛は医療行為です。様々な雑誌で、医療機関以外(特にエステなど)において『電気針による脱毛』『光脱毛』『レーザー脱毛』などの宣伝広告が見受けられますが、厚生労働省においても"脱毛"は肌や体に直接影響を与える完全な医療行為との見解が得られています。医学的な皮膚知識や機械操作の十分な経験のない職員が、衛生管理の行き届いていない環境の中で、アフターケアも十分に行わず脱毛を行うのであれば"やけど"や"皮膚障害"のようなトラブルが多数発生する可能性があります。皮膚に障害が残ってからでは遅すぎます。レーザー脱毛は、信頼できる医療機関で行いましょう。

 

脱毛のメカニズム

レーザー光が持つ、特定の色にのみ反応するという性質を選択的光熱治療(Selective Photothemolysis)と言います。

レーザー脱毛は、この特性を利用して体毛のメラニン色素のみに吸収反応させ、発毛中枢である毛母細胞部分を熱作用で壊し皮膚にダメージを与えることなく脱毛を行うことができます。

 

毛周期とは

hair-removal02.png

成長期:毛母細胞が活発に分裂し毛が伸びる期間

退行期:毛の成長が止まる期間

休止期:自然に毛が抜け落ちる期間

1サイクル:6週間~8週間

 

体毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあるため一回のレーザー照射では脱毛が完了しません。

体質等により個人差はありますが、インターバルの目安はほとんどの部位が8週間、男性のヒゲは3~4週間とお考えください。
※経過には体質等により個人差がございますので、一応の目安とお考え下さい。

 

使用している医療レーザー機について

当院ではジェントルレーズという脱毛治療装置を使用しています。

メラニン色素の吸収率が良いアレキサンドライトレーザー光を利用し、レーザー照射直前に冷却ガスを瞬時に吹き付ける冷却装置が内蔵されており、皮膚のダメージを最小限に抑えることができます。

ジェントルレーズの照射速度は従来と比べ1.5倍、照射範囲は直径18mm(通常9㎜~12㎜)と広いため、短時間で広範囲の脱毛ができます。

治療時間はどのくらい

レーザーのスポット径は18mmと大きいため、広範囲に渡って短時間で脱毛が行えます。

そのため、1回の治療時間は、ワキは5分、ヒゲは5~10分、両腕は30分程度です。

皮膚表面を保護するDCD装置で冷却しながら照射しますので、痛みに敏感な方も安心です。

 

お肌を美しくする効果も!

脱毛治療が進むと次第に細く華奢な毛になるので、まず毛深いイメージが払拭されます。

また、脱毛した部位の毛穴が引き締まり肌のキメが細かくなるため、

皮膚炎や毛嚢炎などが無い美しい素肌になった

色が白くなった

顔の小じわやそばかすが目立たなくなった

ニキビが改善した

という喜びの声も多数いただいています。

また、特殊な例ですがアトピー性皮膚炎による皮膚の症状が良くなったというケースもあります。

男性にもおすすめです!

男性は、目より下の半顔、首(ヒゲ)が一番多い部位ですが、次に多いのは前腕・下腿です。

ヒゲ以外の脱毛も気になってるけれどちょっと恥ずかしいと思われている方が多いですが、他にもたくさんの患者様がいらっしゃいますのでお気軽にご相談ください。
メンズエステに何度通っても毛が無くならないとご相談にいらっしゃる方が増えております。

男性の方は女性より毛根がしっかりしているため、女性以上に医療用の器械でないと効果が出にくいようです。

お試しも行っておりますので、エステの機械との違いを一度体験してみて下さい。

 

アフターケア

特に面倒なアフターケアはありませんが、注意して頂くことがいくつかあります。

日焼け止めによる紫外線予防を十分に行ってください

日焼けしている箇所は火傷になる恐れがあるため脱毛ができません
施術当日はレーザー照射部をアカスリなどで強くこすらないようにして下さい

シャワー、入浴、洗髪、洗顔は当日から可能ですがぬるめのお湯にしてください
毛を抜くような行為は毛周期がくるってしまいますのでおやめください

万が一赤みや痒みがでた場合には、軟膏を処方致します。(料金無料)

 

完了コースについて

当院では、より確実に脱毛効果を出すために完了コースをご用意しております。

完了コースを契約いただいた部位は、期間・回数に関係なく(毛周期は厳守)脱毛が完了するまで通院していただけます。
完了コースはご連絡いただければ、妊娠や病気、または転勤などによりしばらく通院ができない場合でも、通院が可能となった時点で再開することができます。

ご連絡のないまま最終脱毛日より1年が経過した場合は、脱毛が完了したとみなし契約を終了させていただきます。

※ 「脱毛完了」とは明らかに目立つ毛がない状態で、レーザーに反応しない細い毛や薄い毛、白髪などが残ることがございます。

 

よくある質問

医療レーザー脱毛は痛いですか?

従来の針脱毛と違い、ゴムなどでパチンと弾いた程度の痛みがありますが、発毛の量が減るにつれ痛みがさらに軽減されます。

医療レーザー脱毛に通うペースは?

毛周期に合わせて治療することが重要のため、2ヶ月に一度のペースでご予約して頂きます。

医療レーザー脱毛は何歳から受けられますか?

思春期以前に医療レーザーを受けた場合、一度はきれいに脱毛できてもその後のホルモンの変化によっては再び発毛する可能性があります。そのため、18歳以上の年齢での脱毛開始を推奨しております。なお未成年の方の治療には、保護者の同意書が必要です。

治療中は自己処理できますか?

毛を剃るのは問題ありません。毛を抜いてしまうと毛根にレーザーが反応せず、脱毛効果を得ることが出来ないため、毛抜き処理をしている方は剃る方法に変えてください。

日焼けをしていても医療レーザーが出来ますか?

日焼けをした肌にレーザーを照射すると、肌のメラニンにレーザーが反応して熱傷を起こすことがあります。そのため、肌の色がある程度元に戻るまで脱毛はご遠慮していただいております。夏場に脱毛を希望される方は日焼け止め対策をしっかり行って下さい。

脇の医療レーザーでワキガ(腋臭症・多汗症)は治りますか?

毛がなくなることでニオイの原因となる細菌の腐敗を抑える効果がありますので、ニオイが減ったと言う方が多数です。しかし、ニオイのもとである汗腺(アポクリン腺)は医療レーザーでは破壊されませんので、完全に治療したい方には手術もしくは医療レーザーとボトックス治療の併用をお勧めいたします。

エステの脱毛とどう違いますか?

エステのレーザー脱毛装置は出力が弱く、医療レーザー脱毛と同様の効果を得ることは難しいと言えます。また、安全面においても万全とは言い切れません。医療機関での医療レーザー脱毛なら、万一のトラブル時にも薬を処方することができます。大切なお肌のことですから、信頼度の高い医療機関にご相談下さい。

針脱毛と医療レーザー脱毛の違いを知りたいです。

針脱毛は、毛穴に差し込んで、施術者が毛根と思われる部位を勘で探り、熱処理して脱毛する方法です。施術者の技術に大きな差があり、危険を伴います。一つ一つの毛を処理しなければならないため、膨大な時間がかかり、痛みも伴います。

PAGE TOP

電話する

お問い合わせ