鼻翼縮小

このような方に向いています

  • 小鼻が大きく横幅が広がっている
  • 小鼻の丸みや厚みが気になる
  • 鼻の穴を小さくしたい
  • 鼻の穴が目立つ
  • スッキリした印象にしたい

鼻翼縮小とは

鼻翼縮小術は、鼻の穴の内側から小鼻の溝にかけての傷が目立たない部分を数ミリ切除して、横に広がった小鼻の余分な部分を鼻全体とのバランスを調整しながら丁寧に縫い縮めていきます。バランスの良い小さい小鼻になり、鼻の穴も目立たなくなります。

特徴

1

傷が目立たない

手術の傷は、鼻の穴の中と小鼻の溝にあるので目立ちません。

2

手術後の腫れが少ない

目の切開法や鼻のシリコンプロテーゼなどの手術に比べると、術後の腫れは少ないです。

3

医師の技術力・入念なカウンセリング

当院ではひとりひとりの鼻の特徴とご希望を踏まえながら、入念なカウンセリングとシュミレーションの元、最適な施術をご提案します。日本形成外科学会認定専門医・日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医の医師が担当し、高度な技術力と知識、専門性を生かして、治療にあたらせていただきますのでご安心下さい。

診療内容

手術方法は、小鼻の広がりや大きさのタイプによって「外側切除」「内側切除」があります。どちらを選択するかは患者様の状態とご希望に応じて判断致します。
左右の形や大きさに違いがある場合には、バランスを揃えるように治療することも出来ます。

小鼻の内側又は外側を数ミリ切開し、余分な皮膚と粘膜組織を取り除き、バランスよく縫合
して鼻孔の広がりを内側へ寄せていきます。
術後一時的に傷跡は残りますが、付け根部分であるためほとんど目立たなくなります。

■内側切除:内側切除は、鼻の穴の内側から小鼻を切除します。外側には傷ができません。

■外側切除:外側の張り出しが強いタイプは、外側の切除が必要となります。小鼻の溝にかけて傷が

       できるので目立ちません。

      外側切除のデザイン

      小鼻の張り出しは改善

術後のケア

■ 術後、鼻への負荷について

術後は、鼻に強い外力が加わらないようにして下さい。特に手術後1週間は手術部位や傷跡が不安定な状態であるため、うつ伏せで寝る・鼻に強い外力が加わる・子供に叩かれる・ぶつかってこられるなど、負担がかかってしまう可能性があるので注意して下さい。
4週間経過すれば、手術部位はかなり落ち着き、だいぶ安定してきているので、多少うつ伏せで寝ても大丈夫です。ただし、切開を加える鼻の手術は、完全に落ち着いて完成するのは3~6ヶ月かかります。そのため、手術後6ヶ月間は必要以上に鼻に外力が加わらないようにして下さい。(できる限りうつ伏せにならないようにして下さい)。

■ 術後に鼻をかむ場合

手術後、2週間は手術部位をあまり触らないようにしてください。手術後1ヶ月経過すれば、傷も手術部位もかなり安定している頃なので、普段通り鼻をかんでもまず大丈夫です。ただし、どの手術でも、完全に安定して落ち着くのは6ヶ月かかるため、手術後6ヶ月経過するまでは、必要以上に強く鼻をかんだりして無理をするのは避けて下さい。

 

詳細

治療時間

1~2時間

麻酔 局所麻酔
ダウンタイム

腫れや赤み 1週間程度(個人差あり)

抜糸

7日後

通院 7日後、1ヶ月後、3ヶ月後      
メイク

患部は抜糸翌日より可能

患部を除いて翌日より可能

洗顔

患部がぬれなければ当日より可能

患部は抜糸翌日より可能(優しく)

シャワー     当日より可能
入浴 翌日より可能
激しい運動

3~4週間後より可能    

よくある質問

手術後、気をつけることはありますか?

4週間経過すれば、手術部位や傷跡はかなり落ち着き、安定してきているので、多少うつ伏せで寝ても大丈夫です。ただし、切開による鼻の手術は、完全に落ち着いて完成するのは3~6ヶ月かかります。そのため、手術後6ヶ月間は必要以上に鼻に外力が加わらないようにして下さい。

ダウンタイムの期間はどのくらいですか?

個人差はありますが、腫れは手術後2~3 日目をピークに1週間程で落ち着きます。むくみは2週間程度で落ち着きます。術後7日目で抜糸をします。それまではマスクをしていただき、抜糸後からはお化粧でカバーできる状態です。

手術中や終わってからの痛みはありますか?

局所麻酔の針を刺す時だけ、痛みを伴いますが、手術中は麻酔が効いていますので無痛です。また、ご希望に応じて静脈麻酔を併用できます。静脈麻酔を併用した場合、局所麻酔の痛みも感じることなく完全な無痛で手術を受けることができます。術後は多少の鈍痛はありますが、痛み止めでコントロールできる程度です。

同じ日に隆鼻術や鼻尖縮術はできますか?

鼻翼は鼻スジ、鼻尖、鼻柱とのバランスが重要なため、単独手術のみならず、鼻の他部位との複合手術も多く行なわれます。ご希望を伺った上で、鼻全体、目や口元、輪郭等他部位とのバランスを考慮して最も効果的な方法を提案いたします。

術後のメイクはいつからできますか

洗顔の際に小鼻の周囲が濡れたりしないようできるだけ注意をしてください。手術をした小鼻のメイクは、抜糸翌日から可能です。

顔のマッサージはいつから可能ですか?

1ヶ月くらい強い刺激や圧迫を与えないようにして下さい。

不自然な形になりませんか?

切除量にもよりますが、切り取り過ぎると鼻のバランスが崩れ不自然さが出てきます。
そのため、自然に見える範囲で切除することをお勧めしております。
術前にしっかりカウンセリングを行いますのでご安心下さい。

PAGE TOP

電話する

お問い合わせ