鼻尖形成

このような方に向いています

  • だんご鼻を治したい
  • 鼻を小さくしたい
  • ツンとした鼻先にしたい
  • 半永久的な効果を望んでいる

鼻尖形成

「だんご鼻」とは鼻先(鼻尖)の骨格である軟骨が左右に大きく、また皮下組織や脂肪組織が多いため鼻先が丸くみえてしまう鼻のことです。

鼻尖形成術は丸みのある鼻先を細くスッキリさせる手術です。余分な軟骨や皮下組織を取り除いた後に、左右の鼻翼軟骨を中央へ引き寄せて縫い合わせる手術です。患者様のご希望やご自身の鼻全体の形によっては、耳の軟骨を鼻先に埋め込み鼻先を高くする手術(耳介軟骨移植)の併用をお勧めしています。

特徴

1

効果は半永久

鼻尖形成術では軟部組織を除去し、軟骨を形成して細くするため確実な効果が出やすく、後戻りもあまりないため効果は長持ちします。強い痛みや後遺症の心配はなく、効果は半永久的に続くのが特徴です。

2

傷が見えない、傷跡が残らない

鼻尖形成術はクローズ法で行います。鼻の内側を切開するため、傷跡が表から見えませんので整形したことはわかりません。

3

医師の技術力・入念なカウンセリング

当院ではひとりひとりの鼻の特徴とご希望を踏まえながら、入念なカウンセリングとシュミレーションの元、最適な施術をご提案します。日本形成外科学会認定専門医・日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医の医師が担当し、高度な技術力と知識、専門性を生かして、治療させていただきますのでご安心下さい。

診療内容

鼻の内側を切開し、ご希望の形に合わせて軟骨の一部を切除したり、余分な皮下組織や脂肪組織を取り除きながら鼻先を形成してから縫合します。切開や縫合は鼻の内側から行うので、傷跡は目立ちません。手術内容や状態に応じて、3~7日間程度、ギプス固定やテーピング固定をして軟骨の状態を安定させます。

鼻孔内部よりアプローチ

糸で留めてスマートな鼻孔を形成

耳の軟骨移植

耳介軟骨を移植する場合

鼻全体の形によっては、耳介軟骨を移植する場合もあります。
局所麻酔後、耳の後ろの付け根部分を2センチほど切り、耳介軟骨の一部を切り取ります。耳の傷も裏側の付け根あたりになりますので、目立ちません。切り取った軟骨を、鼻先部分に移植し縫合します。耳介軟骨移植は、鼻先に高さや長さを出し鼻先を整える手術です。
自己組織のため異物反応の心配もなく、自然な仕上がりが半永久的に持続し、お顔全体のバランスも整います。

術後のケア

■ 術後の固定について

手術内容や状態に応じて、3~7日間程度、ギプス固定やテーピング固定をします。

■ 術後、鼻への負荷について

術後は、鼻に強い外力が加わらないようにして下さい。特に手術後1週間は手術部位や傷跡が不安定な状態であるため、うつ伏せで寝る・鼻に強い外力が加わる・子供に叩かれる・ぶつかってこられるなど、負担がかかってしまう可能性があるので、注意して下さい。
4週間経過すれば、手術部位はかなり落ち着き、だいぶ安定してきているので、多少うつ伏せで寝ても大丈夫です。ただし、切開を加える鼻の手術は、完全に落ち着いて完成するのは3~6ヶ月かかります。そのため、手術後6ヶ月間は必要以上に鼻に外力が加わらないようにして下さい。(できる限りうつ伏せにならないようにして下さい)。

■ 術後に鼻をかむ場合

手術後、2週間は手術部位をあまり触らないようにしてください。手術後1ヶ月経過すれば、傷も手術部位もかなり安定している頃なので、普段通り鼻をかんでもまず大丈夫です。ただし、完全に安定して落ち着くのは6ヶ月かかるため、手術後6ヶ月経過するまでは、必要以上に強く鼻をかんだりして無理をするのは避けてください。

 

詳細

治療時間

1~2時間

麻酔 局所麻酔
ダウンタイム

腫れ 1週間程度(個人差あり)

抜糸

7日後

通院 7日後、1ヶ月後、3ヶ月後      
メイク

患部は固定解除後より可能

患部を除いて翌日より可能

洗顔

患部がぬれなければ当日より可能

患部は固定解除より可能(優しく)

シャワー     当日より可能
入浴 翌日より可能
激しい運動

3~4週間後より可能    

手術が受けられない方

以前に人工軟骨を挿入し、組織が回復していない場合は、回復まで(約半年)施術を行えません。

 

よくある質問

手術後のギプスは何日くらいしますか? 目立ちますか?

手術後は手術内容や状態に応じて3~7日間程度ギプス固定やテーピング固定をします。この手術は、鼻先以外の他の部分が腫れることはほとんどありませんので、マスクで隠していただければ手術したことは分かりません。鼻先の皮膚は、まぶた周囲の皮膚などに比べるとかなり固くて厚いため、手術後の腫れ・内出血はそれほど出ないのでギプスやテーピング固定を外した頃(3~7日後)には目立った腫れはほとんどありません。マスクなしでも日常生活に支障はありません。

移植した軟骨が動いたり、ずれたりしないですか?

軟骨移植は自家組織移植なので、組織同士がなじみしっかりと固定します。術後に移植軟骨が移動したり、ずれたりすることはありません。

手術中や、終わった後の痛みはどのような感じですか?

局所麻酔の針を刺す時だけ痛みを伴いますが、手術中は麻酔が効いていますので無痛です。また、ご希望に応じて静脈麻酔を併用できます。静脈麻酔を併用した場合、局所麻酔の痛みも感じることなく完全な無痛で手術を受けることができます。

術後は、多少の違和感はありますが、ほとんど痛みはありません。

手術後は内出血しますか?

鼻尖周りの皮膚は厚いため、内出血はあまり目立ちませんが、やや薄黄色くなったりすることはあります。通常1~2週間で消えていきます。

傷口は目立ちますか?

手術の傷は鼻の穴の中のみとなるため傷が目立つことはありません。

術後からシャワーは可能ですか?

ギプスは濡れると外れやすくなってしまう可能性があります。そのため、なかなか難しいかもしれませんがギプスが濡れないようシャワーを浴びていただくことは可能です。ギプスをしている間はお顔など水で流さず拭き取る程度にして下さい。ギプスが取れれば普通にシャワーしていただいて構いませんが、抜糸するまでは手術部位は優しく洗うようにして下さい。

お化粧はいつごろから可能ですか?

手術部位以外は当日から可能ですが、お鼻は手術後3~7日間抜糸やギブスがとれるまでは避けて下さい。

顔のマッサージはいつから可能ですか?

1ヶ月くらい強い刺激や圧迫を与えないようにして下さい。

鼻を触ったり、かんだりするのはいつ頃からできますか?

手術後、2週間は手術部位をあまり触らないようにしてください。手術後1ヶ月経過すれば、傷も手術部位もかなり安定している頃なので、普段通り鼻をかんでもまず大丈夫です。ただし、完全に安定して落ち着くのは6ヶ月かかるため、手術後6ヶ月経過するまでは、必要以上に強く鼻をかんだりして無理をするのは避けて下さい。

人にばれることはありませんか?

術後ギプスをしている間は見て分かりますが、ギプスが取れると腫れもそのころには治まってくるため、術後1週ほどで気にならなくなる方が多いです。

PAGE TOP

電話する

お問い合わせ