サプリ・内服薬

ヘリオケア(飲む日焼け止め)

heliocare01.jpg

ヨーロッパや韓国の皮膚科で広く使用され、現在は34ヶ国以上で販売されている日焼け止めカプセルです。

 

シダ植物から抽出したFernblock(ファーンブロック)という主成分が、日焼けによる赤みや皮膚のダメージを軽減します。アメリカ、ヨーロッパにおいて25年以上前からアトピー性皮膚炎、乾癬、白斑の治療に使用され皮膚がんのリスクを低減する効果もあります。

ヘリオケアを内服することにより紫外線をブロックし、抗酸化作用があるためしみや肌トラブルの予防ができます。

 

hiyake.jpg

このような方に向いています

  • 忙しくて塗り直せない
  • 日焼け止め効果と美肌効果も欲しい
  • 目からの紫外線対策も欲しい
  • 肌が弱くて日焼け止めクリームが塗れない

服用方法

外出される30分前に1カプセル内服してください。

強い日差しの中にいる場合は2カプセル内服してください。

効果時間の目安は4~6時間程度で、日焼け止めと併用していただくとさらに日焼け防止になります。

お子様の内服は4歳以上を推奨しています。この年齢から、子どもの体は栄養サプリメントを服用するのに充分発達していると考えられます。

副作用

へリオケアは25年以上使用されていますが、副作用の報告はほとんどありません。

紫外線を予防しすぎるとビタミンDの生成ができないため様々な病気になる危険性がありますが、

当院ではビタミンDが配合されているヘリオケアを取り扱っていますのでご安心ください。

*毒性はありませんが、一般的な経口製剤と同様に、妊娠中または授乳期間中の使用は推奨されません。

ピュアプラセンタ

heliocare01.jpg

ピュアプラセンタDRは、国内の安全な胎盤を凍結乾燥させた粉末で、各種サイトカイン(細胞増殖因子)を豊富に含んだカプセルです。

2カプセルでプラセンタ注射1アンプル(1本分)と同等の効果があり、プラセンタの治療に興味はあるが通院が難しい方、注射の治療が苦手な方などにお勧めです。

 

献血について

厚生労働省よりヒト胎盤エキス注射剤(ラエンネック・メルスモン)を使用する方は献血が禁止となっています。

これは変異型クロイトフェルツヤコブ病等の輸血感染を防ぐためであり、「感染が完全に否定できないから」というリスク回避のための措置であり、「感染報告があった」ということはありません。

献血が禁止になったのは輸血の安全性を高めるための措置です。

飲むプラセンタは注射薬より感染症のリスクが低いため献血の制限がありません。

そのため内服していただいても献血ができます。

このような方に向いています

  • 献血はしたいけど、プラセンタ療法も受けたい
  • 注射が苦手
  • 通うのが難しい
  • まずは内服から始めてみたい
  • 慢性疲労
  • 生理不順
  • 更年期障害
  • 腰痛・肩こり・冷え性
  • しみ・くすみが気になる
  • 肌荒れ

服用方法

体調に合わせ1日2~6カプセル内服して下さい。

エクエル

heliocare01.jpg

大豆から生み出されるエクオールは健康と美容をサポートする成分として注目されている成分です。

エクオールとは大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが腸内細菌によって代謝され生み出されます。

しかし、すべての人が体内でエクオールを産生できるわけではなく、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が必要不可欠のためエクオール産生菌を持っていなければ大豆イソフラボンをいくら摂取してもエクオールを生み出すことはできないのです。

またエクオールを産生できる人も普段の食生活や腸内環境によってエクオールが十分に産生できていない可能性があります。そのためエクエルを内服しエクオールを取り入れることが大切です。

このような方に向いています

  • 更年期症状・障害が気になる
  • お肌の衰えを感じる
  • 普段大豆をあまり食べない
  • 肩こりが気になる

効果

エストロゲン様作用

 更年期症状・障害をやわらげる、メタボリックシンドロームの予防、骨粗鬆症の予防・改善

 

抗酸化作用

 身体の酸化を防ぎシミの改善、美白

 

抗エストロゲン作用

 エストロゲン様作用とともに過剰なエストロゲンを抑え乳がんのリスクを下げる

 

抗アンドロゲン作用

 前立腺がん等の男性の病気予防、脱毛改善効果

服用方法

1日4粒を目安に内服してください

美白セット

ビタミンC

ビタミンCはメラニンの産生を抑え活性酵素を除去・抗酸化作用があり、しわ・そばかす・くすみ・毛穴の開き・ニキビなどの改善に有効です。

また、コラーゲンの生成を促し肌のハリやしわを目立たなくさせる作用もあります。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は抗出血作用があり、本来は止血剤として処方される薬です。

アレルギー症状や蕁麻疹、口内炎の治療に処方されることもあります。

女性ホルモンが大きく影響している肝斑が発症する一因として、メラノサイトの活性化が挙げられます。トラネキサム酸はメラニンの発生要因と考えられる「プラスミン」をブロックする作用を持っています。そのため、メラニンを抑制、肝斑を薄くししみ・そばかす・炎症性色素沈着などの改善に有効です。

このような方に向いています

  • 肝斑・シミが気になる
  • 美白になりたい
  • 内服から治療を始めてみたい
  • 毛穴が気になる
  • 色素沈着を薄くしたい

ED治療薬

ED治療薬は、勃起を助けるのであって、服用により興奮するわけでなく勃起したままにはなりませんので、日常生活に支障なくお使いいただけます。

またED治療薬を服用して性行為が行われなくても、体への影響はありません。

 

・問診のみで、1錠から何錠でも処方いたします。

・服用間隔は24時間空けて下さい。

このような方に向いています

  • 最近持続力がなくなった
  • 途中でダメになる(中折れ)

バイアグラ・レビトラ・シアリス 比較

 

 

バイアグラ

レビトラ

シアリス

服用のタイミング

服用後30~60分で効いてくる

服用後15~30分で効いてくる

服用後30~60分程度で効いてくる

効果の持続時間

5~6時間

5~6時間

30~36時間

食事と服用のタイミング

食事に影響されやすいため、空腹時又は食の3時間後に服用

やや食事に影響されるため、空腹時又は食後2時間後に服用

食事の影響なし

食事の影響

食事の影響を受ける

食事の影響を多少受ける

食事の影響なし

特徴

・硬さが出やすい

・元祖ED治療薬で知名度が高く安心

・一番即効性がある

・刺激に対して鈍感になり、射精までの時間が延長する(早漏の方におすすめ)

・副作用が少なく、長い効果時間が期待できる

・食事の影響がないため、いつでも内服できる

副作用

顔のほてり、頭痛、動機、頻脈、目の充血、鼻づまりなど。

胃の不快感、顔のほてり、頭痛、動機、頻脈、目の充血、鼻づまりなど。

顔のほてり、頭痛、動機、頻脈、目の充血、鼻づまり、背部痛、筋肉痛、四肢痛など。

処方できない方

・心筋梗塞・脳梗塞・脳出血の既往歴がある方(発症後半年以上経過していれば問題ありません)

 

・低血圧、高血圧の方で薬によるコントロールをされていない方(薬にてコントロールされている方は問題ありません)

PAGE TOP

電話する

お問い合わせ