眉毛下切開

このような方に向いています

  • 上まぶたのたるみを取りたい方
  • 本来の二重のラインが、たるみで隠れてしまった方
  • 一重や奥二重のまま、たるみだけを取りたい方
  • 厚く、腫れぼったいまぶたを、すっきりさせたい方
  • 二重の幅を広げたい方
  • 目を大きく見せたい方
  • 昔より目が小さくなった方
  • 昔のような目もとに戻したい方
  • 目が重くなり、おでこのシワが増えた方、頭痛や肩こりで悩んでる方
  • たるみは取りたいが、整形がバレたくない方
  • なるべく傷を目立たなくさせたい
  • アイプチやエクステの影響で、まぶたがたるんで下がってきた方
  • たるみは取りたいが、上まぶたの切開はダウンタイムが長いため抵抗がある方

眉毛下切開とは

眉毛下切開とは、たるんだ上まぶたを眉毛の下のラインに沿って切開し、余分な皮膚を切除することで、上まぶたのたるみを改善する施術です。

特徴

1

腫れが少なく、バレにくい

通常の上まぶたのたるみ取りの手術「上眼瞼切開」では、二重のラインを切開するため、目が二重になることで目の印象が変わってしまいます。しかし、眉毛下切開では、眉毛の下のラインに沿って切開を行うため、目の印象を大きく変えることなくたるみを解消し、自然な自分本来の目元のまま若さを取り戻せます。また、切開に比べ腫れも少なく日常生活への復帰が早いです。そのため、周囲に知られたくない方に適した方法です。

2

傷が目立ちにくく自然な仕上がり

眉下切開法は、上眼瞼切開の手術と違って(二重の部分に傷ができず)、眉の下のラインぎりぎりを切開するので傷が目立しちにくく、自然な仕上がりになります。メイクでカバーしやすい部分のため傷跡が目立ちにくい点がメリットです。また、当院は毛包斜切開によって手術を行いますので、さらに傷跡が目立ちにくくなります。

3

医師の技術力・入念なカウンセリング

当院ではひとりひとりの目の特徴とご希望を踏まえながら、入念なカウンセリングとシュミレーションの元、最適な施術をご提案します。日本形成外科学会認定専門医・日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医の医師が担当し、高度な技術力と知識、専門性を生かして、治療にあたらせていただきますのでご安心下さい。

診療内容

クリップで余分な皮膚をつまみ、仕上がりのデザインを確認し、余った皮膚を切り取る範囲を決めます。眉毛の下部分のデザインに沿って切開をし、余分な皮膚と眼輪筋を切除します。切開部位は髪の毛より細い糸で細かく縫合しますので、手術後も糸が目立つことはありません。

 

詳細

治療時間

約60~70分

麻酔 局所麻酔
ダウンタイム

腫れ 1~2週間(個人差あり)

抜糸

7日後

通院 7日後、1ヶ月後、3ヶ月後      
メイク

創部は抜糸翌日から可能

その他のメイクは当日から可能

洗顔

創部がぬれなければ当日から可能

創部は3日後より可能(優しく)

シャワー     翌日より可能
入浴 3日後より可能
コンタクトレンズ  翌日より可能
激しい運動

抜糸翌日より可能    

よくある質問

腫れや内出血はありますか?

術後内出血と腫れが出る可能性があります。内出血は1~2週間で治まりますが、アイメイクや縁の太い眼鏡などのご使用をお勧めします。腫れは1~2週間程度で落ち着きますが、完全に腫れが引くにはもう少しかかります。

ダウンタイムを極力減らすために、術後1週間特に最初の3日間くらいは保冷剤などで冷やしたり、熱いお風呂に長時間入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないことなども重要です。

痛みはありますか?

手術中は局所麻酔により痛みはありません。術後、数時間経過すると麻酔が切れ軽い痛みがあります。痛み止めでコントロールできる程度ですのでご安心下さい。

傷跡は目立ちますか?

創縁を綺麗に縫合する事と、眉毛斜切断法(傾斜切開)を行う事で、傷跡は目立ちません。
抜糸直後は少し赤みや若干の凹凸がありますが、眉毛と一体となり自然と目立たなくなります。

どれくらいの皮膚を取りますか?

一人一人の皮膚のタルミ具合が違うため一概には言えませんが、4~5mmの場合から1cm以上切除する場合もあります。

術後不自然な目になったりしませんか?

たるみの症状や目の位置・大きさなどは個人によって様々です。経験豊かな医師が術前に患者様に合ったデザインをしっかりと行うため、不自然になることなく美しい仕上がりになります。

眉下切開をして、以前行った二重のラインが消える事はありますか?

前回の方法が埋没法の場合は、ラインが弱くなっていると眉下切開の術後にラインがとれる場合があります。切開法の場合は、眉下切開をしても通常ラインが消える事はありません。

眉毛がなくなってしまいますか?

眉毛の下側を切除するため無くなることはありません。しかし、希望する仕上がりの状態によっては眉毛の一部を切除することもありますが、全て最初のカウンセリング、診察でご要望をお伺いする時に、切除部分をご説明いたしますのでご安心下さい。手術中、勝手に切って眉が無くなってしまうことはありません。

眉毛が薄くてあまり生えていないのですが大丈夫でしょうか?

普段眉毛を書いていらっしゃると思いますので、メイクで描かれた眉の下の縁に沿ってデザインを致します。手術当日はメイクを簡単にして頂き、それをもとにデザインを行いますのでご安心下さい。

アートメイクが入っていますが大丈夫でしょうか?

アートメイクの下の縁に沿って綺麗に切開・縫合しますのでご安心ください。傷が落ち着いた後その上にさらにアートメイクを重ねるとさらに傷跡はわからなくなります。

視力に影響することはありませんか?

眼球に施術を行うわけではないので特に視力に影響することは通常ありません。ただしごくまれですが、手術をした後はまぶたの開き具合が変わるため一時的に視界が明るく見えることがあります。

PAGE TOP

電話する

お問い合わせ