刺青・タトゥー除去

レーザーによる除去

レーザーで切らずにタトゥー刺青除去

removal-q-switched.jpg

入れてしまった刺青・タトゥーは、就職など社会生活には場合によって不向きなことがあります。そのために刺青・タトゥー除去を希望される方は多くなってきています。


従来は切り取るなどの治療法しかなく、傷跡も大きくなってしまうことが殆どでしたが、現在は治療技術が進みレーザー治療によって刺青が除去できるようになりました。

 

最新のQスイッチレーザーは、色素を持つ細胞のみを破壊し、そのほかの細胞へのダメージを最小限度にすることが可能です。Qスイッチルビーレーザー TattoStarRは刺青除去治療に最適な機器として認知されています。

タトゥー・刺青除去にかかる費用

刺青・タトゥー除去を検討されている方が一番気にされている点は、どのくらいの治療費がかかるのかという点でしょう。当院の治療費は以下の設定となります。

removal_price.png

縦幅cm と横幅cmを足して2で割った数値 ×1万円 が治療費の概算(税別)となります。
(2×2cmまでは、 2万円(税別)で施術します。)
例 縦5cm 横10cmであれば、1回当りの治療費は
{(5+10) ÷ 2} × 10,000 = 75,000(税別)となります。

 注意事項

  • ご希望により、表面麻酔または、局所麻酔を使用することができます。※別途料金がかかります。
  • 広範囲の入れ墨の場合には、分けて照射を行う必要があるかもしれません。
  • 1cm未満は、1cmとして計算します。(5mmであったとしても、1cmとして計算)
  • 2×2cmまでは、 2万円(税別)で施術します。
  • 算出される費用は、一回当りの治療費です。総額ではありません。ご注意ください。
  • カバーアップされた入れ墨タトゥーの除去の際には、予想されない色素の変性が予見されます。
  •  そのため、治療が大変困難になる場合が見受けられます十分ご理解ください。

 

 

除去にかかる回数

タトゥー入れ墨除去にかかる回数は、以下の要因で変わってきます。

  • どこまで薄くして(消して)いきたいか
  • 誰が入れたのか(アマチュア・プロ)
  • どの程度の濃さ・薄さ
  • 色が多用されていないか(黒色のみなのか)
  • 本人の生活習慣・喫煙等

レーザーでタトゥーを除去していく場合には、どこに目標を置くかによって治療回数は異なってきます。薄めのであったり、筋彫りのみの場合には、数回の治療でもかなり薄くなっていきますので人によっては、それがゴールとなるかもしれません。自分で入れたタトゥーは、色素があまり深くに入っていないことが多いので、 ほんの数回・場合によって1回の治療でも取れてしまうことが多くみられます。他人が入れたアマチュアタトゥーの場合には、プロが入れるよりも深く入っていることもあるため、回数がかかってしまうことも見受けられます。

また、墨汁、インク等の違いによっても、難易度は異なってきます。プロが入れたタトゥーの場合には、一定の深さに入っている場合が多く、純粋に入れた色素の濃さ、色の種類、面積によって治療期間が異なってきます。例えば、色が濃く且つ広範囲に入っているような場合には、色素が排出されていくまでに時間がそもそもかかりますので、治療回数も多くなっていきます。

 

レーザーで色素が瞬時に破壊されることで、皮膚の中の異物として認識されるようになります。その後少しずつ新陳代謝に従って排出されていきます。破壊された色素が排出されるまでにかなりの時間が必要ですので当院では、例外もありますがおおよそ1ヶ月ほど開けて治療を行なっていきます。排出が進む前に照射をしても、一度破壊したを再度破壊することになるため、早い間隔でレーザーを照射したほうが治療経過も早そうに思われるかもしれませんが、無駄な治療が増えていく可能性があります。

 

体の代謝が良くなければ滞りがちになるため、喫煙されている方は、そもそも傷の治りも悪いのでレーザーによる治療効果もそれなりになってしまいます。タトゥー除去を効果的に進める上で、体調管理は十分にするべきです。

痛みを軽減させる様々な手段があります

刺青除去をレーザーで行うことの利点は一般的な手術などと比較すると、広範囲の除去が可能であること傷跡を残さずに治療していくことが可能な点です。
レーザー照射の際に心配される一番の点は、痛みをどのように軽減するかという点でしょう。
特に広範囲の治療を行なうような場合には、痛みのコントロールを十分に行う必要があります。

当院では、痛みの軽減を様々な手法を用いて必要最小限度に留め、出来るだけ楽に受けられるような対策を講じています。

PAGE TOP

電話する

お問い合わせ